子どものメンタルヘルス上の課題に関する理論や知識を取り扱う。まずは、子どもの精神発達を理解した上で、予防医学的な観点から日常の精神的健康を保つためのストレスの対処法や対人関係、生活での留意点などを学ぶ。さらに、様々な児童思春期に見られる精神疾患、発達障がい、虐待・PTSDなどの知識を習得する。そして、学校でしばしば問題となってくる不登校、いじめ、自傷・自殺、問題行動などあらゆる子どもの援助ニーズとも関連づけるとともに、子どもを支える保護者や教職員のメンタルヘルスについても理解を深める。