残念ながらコロナの状況が収束しませんので、本日は、オンラインでみなさんの意見を交換してもらいます。すでに、指導教官の先生と面談があった学生さんもいるかもしれませんね。

今日は、次の二つの問題について、考え、ご自身の意見を書いてください。
(1)4年半の講義や教育実習を通して、あなたにはどのような資質(教師としての\社会人としての)を身につけたと思いますか。
(2)あなたが(教師になるのに\社会人になるのに)苦手とすることは、どのようなことでしょうか。今後、あと半年の学生生活のなかで、どのように高めていけると思いますか。

天王寺キャンパス旧課程「B33361 理科教育法」です。新課程の方は「B33301 初等理科教育法」を登録ください。いずれも木曜日6限で,同時開講です。

「宇宙と地球Ⅰ」では15回の講義のうち、前半7回で天文分野を嘉数が担当し、後半8回で気象分野を吉本が担当します。

夜間は3回生(初等英語科教育法)は、出席番号の末尾番号でクラスを2つに分けています。該当番号でない場合は必修科目が取得できなくなりますので、シラバスとMoodle上でよく確認して至急Moodle上で受講登録してください。 3回生後期月曜6限 担当 伊藤由紀子  A組 学籍番号 末尾 2,4,6,8、  B組 1,3,5,7,9 その他の上回生は必修でない場合、人数によって抽選になることがあります。早めの登録をお願いします。

卒業演奏を<うた>で行おうと考えている方に、課題それぞれの<うた>に相応しい歌い方や演奏方法を探って行ってもらいます。後期に開講される音楽演奏研究Ⅱ(卒業演奏の課題が主となります)でのプログラム準備等も行いますので、先を見据えた課題への取り組みをして行きましょう。

皆さんが、将来楽譜を手にしたときにいろんな方策がイメージ出来るように基礎から応用までトレーニングしましょう。

小学校の理科でとりあつかう化学実験をベースに、実験を安全に行う技術と、科学的な着眼点、考察、レポート作成の能力を身に付ける。

受講する学生に合わせて日程設定を行う、集中講義形式なので、まずは登録してください。


Moodleのコースは、授業日の18:00~23:59の間に入ることができます。その時間内に、課題を確認して、課題に取り組み、提出を行ってください。(23:59以降は、課題提出ができないので注意してください)

Moodleのコースは、授業日の18:00~23:59の間に入ることができます。その時間内に、課題を確認して、課題に取り組み、提出を行ってください。(23:59以降は、課題提出ができないので注意してください)

Moodleのコースは、授業日の18:00~23:59の間に入ることができます。その時間内に、課題を確認して、課題に取り組み、提出を行ってください。(23:59以降は、課題提出ができないので注意してください)

本授業では,パワーポイントスライド(音声つき)で授業を進めますので,スライドショーで聴講ください。


本授業では,パワーポイントスライド(音声つき)で授業を進めますので,スライドショーで聴講ください。


Moodleのコースは、授業日の18:00~23:59の間に入ることができます。その時間内に、課題を確認して、課題に取り組み、提出を行ってください。(23:59以降は、課題提出ができないので注意してください)

学校現場で必要なカウンセリングの理論や方法について解説する。また、個人や学級集団へのアプローチの具体的な処方について解説する。
全回とも,Moodleの本コースを活用した,インターネットによる在宅学習によって実施する.基本的に,各回に宿題を出すので,その宿題を次回までに提出すること.提出されたものに対して,担当教員(廣木)がコメントすることで授業を進める.

全回とも,Moodleの本コースを活用した,インターネットによる在宅学習によって実施する.第1回目と第2回目は地質図の作成,第3回目は地質断面図の作成がテーマである.地質図は地層の分布を予想した地図であり,地層の分布を予想する手法を本授業を通して学習する.小学校第6学年の単元「大地のつくり」では地層の学習があり,地層は3次元的に広がっていることを学習する.地層の3次元的な広がりを理解するためには,同一の地層が離れた場所で見つかることを示すことによって,それらの地層がかつてはつながっていたことを理解することができる.そのような同一の地層を児童に示すためには,教員はあらかじめ,離れた場所で観察できる地層を見つけておく必要がある.そのような地層を見つけるためには地層の分布を予想するスキルが必要であり,それが地質図作成スキルである.

4月15日までにUNIPAで履修登録してください。登録キーをメールで送信します。

小夜コースの理科Ⅱ2020に,自己登録してください。

https://moodle4.osaka-kyoiku.ac.jp/2020/course/view.php?id=208 ←クリック

4回生以下の「理科実験の指導法Ⅱ」と合同で行います。実験・観察が主ですが、今回の新型コロナ対策として、最初に磯の海岸生物を観察する磯観察の内容をネット経由で解説します。

理科Iは小学校理科のうち、生命と粒子の分野、つまり生物学と化学の分野について、扱います。特に実物を観察する、実験するを重視していますので、皆さんにも実際に生物の観察や化学分野の実験を行ってもらい、教師になったときに子どもたちに指導できるよう、経験を積んでいただくつもりです。もちろん、半期で小学校3年生から6年生までの生命と粒子の分野を全て押さえることはできませんが、なるべく多くのものを扱いたいと思います。