ArcGISの運用に関わる説明やファイル等を提供するコースです.

中高等学校社会科の地理的分野についての教材及び授業構成を「主体的、対話的で深い」学びの視点から考察する。

オンライン講義のため Signal を併用しますので、アナウンスメントに掲載した手順をみてご用意ください。
なお講義方法にかかわらず、シラバスに記載した内容をおおむねカバーして期末試験を実施する予定です。

*お手数ですが履修登録者のみなさん「自己登録」できるようにしましたのでご協力よろしくお願いします。
** 通信データ量はミニマムに、セキュアに、かつ生き延びるために役に立つ講義を目指したいと思います。

卒業論文の研究課題の設定し、関連の参考文献の収集および解読を行う。

経済学の基礎理論を踏まえて、現代の世界経済・日本経済に関する基本的な特徴を理解し、教えることができる。

今日の世界経済・日本経済をどのように理解し、教えたら良いのか。基本的な経済学の基礎理論を教授しながら、貿易論を中心にして考えていく。

本講義では、小学・中学・高校の社会(地理分野)の教科書を使って、気候を中心とした生活、災害に関する内容を理解する。特に、グラフや分布図などの読み取りを重視し、図の内容をきっちり説明できる力をつけていく。
小学校、中学校、高等学校では、気候に関する扱いは、身の回りから、日本、世界へと空間認識の範囲が広がっていき、それに伴って気候だけでなく人々の生活や、発生する災害も異なってくる。こうした事例を正しく理解することも重要である。
気候に関しては、メカニズム論まで踏み込むことは少ないが、現象を十分に知り、おおよそのメカニズムを知っておくことは非常に重要である。

これは 河原和之が開講する 中等社会科(地歴)教育法Ⅲの受講者のためのコースです

地理、歴史、.公民のネタシリーズでは60名中59名のレポートの提出があり、感想意見もいい内容でした。今回は公民の意見です。レポートで3点質問がありましたが、対面授業の折にも回答いたします

ネット等で.「河原和之」を検索すると、ウィディペキアはじめ、著書等、いろんな情報を得ることができます。この情報をもとに、「河原和之授業論」への意見や感想をA4一枚に書き提出しなさい。また、公民の皆さんの意見感想にも触れてくれてもいいです

教員が日本の地誌に関する資料とレジュメを配布して、内容を解説する。具体的には、中部地方と近畿地方を中心的に扱いながら、人文現象や自然現象に関する地理学の基礎的な知識を紹介する。

本授業「応用倫理」はこのmoodleのページを通じて資料の配布・課題の提出等を行う予定です。

授業を履修される方は本ページにも登録をお願いします。

公民・政治経済のうち、政治学に関する講義です。

岩田の指導のもとに卒業論文を作成するためのゼミです。

西洋史(井上岳彦担当)の学部4回生ゼミです。

西洋史(井上岳彦担当)学部3回生のゼミです。