1月13日(水)3・4限に対面で実施する特別専攻科体験発表会のMoodleコースです。

12月8日(火)の時点で編集中です。

1月20日(水)3・4限目に行う特別支援学校教育実習体験発表会のMoodleコースです。

12月8日(火)の時点で編集中です。

12月23日(水)3・4限目に行う小学校教育実習体験発表会のMoodleコースです。

12月10日(火)にグループ分けと当日の流れを掲示しました。

その他は編集中です。

令和3年度 小学校・特別支援学校教育実習の事前指導のコースです。

〇11月9日(月)13:00より教育実習事前指導をZOOMで行います。

 詳細はコース内のトピックをご覧ください。

 

10月23日(金)にコース分属希望調査に関するお知らせを掲載しました。

コース分属希望調査用紙の提出締切は11月27日(金)17:00までです。

10月31日・11月1日分の講義説明および講義資料を掲載しました。

本日(12日(木))、11月14日(土)・15日(日)の講義資料や説明資料、課題等を掲載しました。

12月5日(土)に開講される教職実践演習科目「特別支援学校・学級における特別支援教育」のMoodleコースです。

担当は特別支援教育部門の井坂行男(2回)、今枝史雄(3回)が担当します。

全回(5回)、オンデマンド(資料提示レポート提出)で行います。

詳しくはトピックをご覧ください。

*トピックは10月8日(木)現在編集中です

 講義日までに全てのトピック及びレポート課題・期限について提示します。



12月5日(土)に開講される教職実践演習科目「通常学級における特別支援教育」のMoodleコースです。

担当は特別支援教育部門の井坂行男(3回)、今枝史雄(2回)が担当します。

全回(5回)、オンデマンド(資料提示→レポート提出)で行います。

詳しくはトピックをご覧ください。

*トピックは10月8日(木)現在編集中です

 講義日までに全てのトピック及びレポート課題・期限について提示します。



10月17日(土)に開講される教職実践演習科目「特別支援学校・学級における特別支援教育」のMoodleコースです。

担当は特別支援教育部門の井坂行男(2回)、今枝史雄(3回)が担当します。

全回(5回)、オンデマンド(資料提示→レポート提出)で行います。

詳しくはトピックをご覧ください。

*トピックは10月4日(日)現在編集中です

 講義日までに全てのトピック及びレポート課題・期限について提示します。


10月17日(土)に開講される教職実践演習科目「通常学級における特別支援教育」のMoodleコースです。

担当は特別支援教育部門の井坂行男(3回)、今枝史雄(2回)が担当します。

全回(5回)、オンデマンド(資料提示→レポート提出)で行います。

詳しくはトピックをご覧ください。

*トピックは10月4日(日)現在編集中です

 講義日までに全てのトピック及びレポート課題・期限について提示します。

手話の言語性について概観し、手話の実技演習も行う。 

肢体不自由教育はオンライン授業で行われます。

Moodle上にスライド等の資料が提示されますので、コースごとに取組んでください。

開講はカレンダー上は9月5日、6日、19日、20日となっております。


選択教科です。

特別支援教育コーディネーター基礎論は、オンライン授業で行います。

Moodle上にパワーポイント等の資料が提示されますので、それに基づいて取り組んで下さい。

開講はカレンダー上は、8月23日(日)、8月24日(月)、8月25日(火)となっています。

なお、第1回については、システム確認のため、8月12日に公開します。

(オンラインでの資料提示のため、予定変更があることもあり、その場合は、随時、連絡をいたします。)

国立特別支援教育総合研究所のデータベースや文部科学省の中央教育審議会資料など検索するため

インターネット環境を準備しておいてください(アドレスのリンクは説明します。)



学部生の方は選択、特別専攻科の方は必修科目となります。

重複障害教育はオンライン授業で行われます。

Moodle上にスライド等の資料が提示されますので、コースごとに取組んでください。

開講はカレンダー上は8月15日、16日、29日、30日となっております。

9月9日(水)と10日(木)の閑喜美史先生の講義がアップされていますので、講義日までに受講してください。

授業に直接関連する質問は、資料内の閑喜先生のメールアドレスにお願いします。


なお、10月3日(土)、4日(日)に予定されている西舘先生のご担当回は、ZOOMにてリアルタイム遠隔授業が行われる予定です。


お二人の先生共にmoodleの操作方法等、授業に直接関連しない内容については、平賀(hiraga@cc.osaka-kyoiku.ac.jp)まで連絡をお願いします。



4回生と特別専攻科対象の集中講義「知的障害指導論」です。

よろしくお願い致します。

moodleは不慣れなので、不備不足があれば随時修正・発信しますので、よろしくお願いいたします。

インクルーシブ教育システム基礎論 進め方について

 

1.授業の目的

インクルーシブ教育に関する国際的な動向及び、日本のインクルーシブ教育システムに関する概要と課題を理解する。インクルーシブ教育に関連する各テーマについて、問題意識を持って自分なりに調べたり、主体的に自分の意見を述べることが出来る。

 

到達目標

1.インクルーシブ教育に関する用語について正しく知り、使うことができる

2.インクルーシブ教育について、現在議論されていることを知り、考えることができる

3.「障害」に関する社会的問題について知り、自分なりの意見を持つことができる

4.インクルーシブ教育に関して、自身が興味のあるテーマを設定し、調べることができる

 


肢体不自由者の心理・生理・病理の講義は、心理を小田浩伸先生、生理・病理を大内田が分けて担当します。
日程は、5月24日 肢体不自由者の心理(小田先生担当)
7月4日・11日 肢体不自由者の生理・病理(大内田担当)
となります。

令和2年度の特別支援学校教育実習(学部生(併修実習も含む)・特別専攻科生)の事前・事後指導に関わるコースです。

トピックに従い、取組んでください。

*9月21日(月):教育実習後の対応を追加

集中講義「701014 言語指導法」のMoodleコース

502167 特別なニーズのある子どもの教育 前期火5(正井)のMoodleコース

学校インターンシップBに必要な書類等のデータをアップロードします。

4月20日現在では事前指導の日程は不明です。インターンシップBの活動(特別支援学校での活動)も9月以降になる予定です。

事前指導の日程や活動開始時期は分かり次第、順次公開していきます。